満期保険金が魅力の養老保険

養老保険とは、満期のあるタイプの保険で、死亡時・高度障害になったときと、死亡保険金または、高度障害保険金が満期を迎えられた時には死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができるタイプの保険です。
各保険会社により異なりますが、ある会社の商品ですと、保険期間を1年、1歳きざみで選ぶことができ、ライフプランに合わせた保険設計が可能です。
また、ゆとり資金の有効活用を考えている人などに、毎回の保険料を設定して契約内容を設計することも可能なものもあります。
保険期間が満了したときに、どのような健康状態であっても、所定の条件を満たせば、自動的に契約が更新されるものもありますが、更新時にはその時の年齢での保険料設定になるので、以前よりも割高な保険料になることも知っておく必要があります。
貯蓄型なので通常の保険料も掛け捨てタイプよりも割高になります。
たとえば、契約時に設定した保険金が300万円なら、死亡時の保険金も満期時の保険金も同じ300万円となります。満期タイプのものなので、満期を迎えたら、保険料の支払いも保障も満期までになります。定期保険との違いは、満期時の満期保険金があるという部分です。